3DS版イルルカのスカウトアタックのコツ

スカウトアタックとは?

野生モンスターとのバトル、すれ違いバトル、他国マスターとのバトルでは、メニューの「スカウト」を選択することで、スカウトアタックを仕掛けることができる。

スカウトアタックが始まるとパーティー全員で対象のモンスターに攻撃をして、スカウト率を上げていく。

スカウトが成功すれば対象のモンスターが仲間になり、スカウトが失敗した時は、「様子を見る」か「怒り出す」のどちらかが選択され、怒り出した時はその戦闘中はスカウトすることができなくなる。

スカウトアタックのポイント

  • スカウトアタックは、基本的に攻撃力が高いモンスターで行う。
  • スカウトアタックの単発の攻撃は上限に達するとそれ以上は上がらなくなる。
    なのでスカウト率上昇の上限値に達した時は、れんぞくの特性を持つモンスターの方がスカウト率を上げることができる。
  • スカウトしたいモンスターのHPが減っている程スカウト率が上がる。
    特技「たいあたり」などを使えば、敵を倒さずにHPを削ることができる。
  • アイテム「ルカニオン」などで敵の守備力を下げておく。
  • バイシオンを2回使って、パーティー全員の攻撃力を2段階アップさせておく。
  • テンションアップの特性を持つモンスターは、自分でテンションを上げる。
  • テンションアップの特性を持たないモンスターは、テンションを上げたモンスターから、特技「テンションパサー」を使ってもらって、上げたテンションを配ってもらう。

強敵をスカウトする為の準備

  • 防御力が高かったり、耐性の高いモンスターに、特技「みがわり」を覚えさせておく。
    覚えたい特技の検索はこちら
  • れんぞくの特性を持ち、攻撃力の上限の高いモンスターを育てておく。
    (テンションアップの特性持ちだと、なお良い)
  • テンションアップの特性を持たないモンスターがパーティーにいるなら、テンションアップの特性を持つモンスターに「テンションパサー」の特技を覚えさせておく。
  • できれば、たいあたりの特技、バイシオンの特技を覚えさせておく。
  • AI○回行動や、カウンターの特性を持つモンスターは、攻撃や反撃で敵モンスターを倒してしまう可能性があるので、なるべくスカウト用パーティーに入れない方が良い。
    入れた場合は、毎回「ぼうぎょ」を選択しておけば攻撃や反撃しないで済む。

スカウトアタックの流れ

  • スカウトしたいモンスター以外を倒しておく。
  • 特技「みがわり」を使う。
  • テンションを上げられるモンスターは、テンションを100まで上げる。
  • テンションを上げられないモンスターに、上げたテンションを特技「テンションパサー」で配る。
  • アイテム「ルカニオン」で対象モンスターの防御力を下げる。
    同時に呪文「バイシオン」を2回重ねがけして、仲間全体の攻撃力を2段階上げる。
  • スカウトアタックの準備ができたら、「しもふり肉」「くんせい肉」「魔物のエサ」などを使いつつ、スカウトアタックを行う。
  • スカウトに失敗したら、モンスターが怒り出すまで、肉を使いつつスカウトアタックを繰り返す。

※ AI○回行動や、カウンターの特性を持つモンスターは、攻撃や反撃で敵モンスターを倒してしまう可能性があるので、パーティにいる場合は、毎回「ぼうぎょ」を選択しておけば攻撃や反撃しないで済む。