新生配合のあれこれ 3DS版イルルカ

新生配合のルールとは?

  • 新生配合をできるようになるのは、物語クリア後。
  • まず、両親のどちらかに「しんせいのタクト」を装備させておく。
  • 「しんせいのタクト」を装備させた親と同じ種族の子供が生まれる。
  • 生まれる子供のプラス値が100以上になるような組み合わせでのみ可能。
  • 新生配合を行う時は、「しんせいの宝珠」を1つ消費する。
  • 新生配合で生まれたモンスターは、どんなモンスターでもSSランクに上がり、プラス値は★になる。
  • プラス値が★になるので、さらに一つ特性が解放される。

さらに、親モンスターが持っていた特性を、一つだけ子供となるモンスターの特性と交換できるという特徴がある。
ただし、この特性交換によって、生まれるモンスターの特性が強過ぎると判断された時は、「強者のよゆう」などのマイナス特性が付加される。

Sサイズモンスターが、メガボディの特性を引き継いだら、Mサイズ特性が1つ、
Mサイズモンスターが、ギガボディの特性を引き継いだら、Gサイズ特性が1つ(SサイズならMサイズ特性も合わせて2つ)の特性が解放される

新生配合の流れ

  • 物語をクリアして、「しんせいのタクト」を入手する。
  • 「しんせいのタクト」を新生配合したい親モンスターに装備させる。
  • 「しんせいのタクト」を装備したモンスターと、交換したい特性を持つ親モンスターを選択
    (プラス値の合計が100以上になるモンスターを選択)
  • 交換する特性を選び、「しんせいの宝珠」を1つ消費して、新生配合を行う。

新生配合で受け継ぐことができない特性

  • モントナーの特性(モントナーを配合素材に使えない)
  • 超ギガボディ
  • 大きいモンスターが小さくなる特性はダメ
  • AI4回行動、AI 3~4回行動はダメ(2~3回行動、AI3回行動は可能)
  • 他にもありましたら情報提供お願いします

新生配合時に付く可能性があるデメリット特性

また、強い特性を引き継いだ時に、「こうどうおそい」や「にげあし」などのスキルと交換すると、 「強者のよゆう」や「オロオロ」が付くが、「いきなり○○の霧」などと交換すると、付かないなど、色々と弱体化の条件があるようです。

  • アンラッキー
  • オロオロ
  • 強者のよゆう
  • 自動MPダウン
  • しょうひMPx2
  • ダメージ増ボディ
  • ちょうはつ
  • ヘロヘロ

能力の限界値の弱体化

新生配合で強い特性(AI○回行動、つねにアタックカンタ、メタルボディ)などの特性を引き継いだ場合、能力の限界値が下がります。

ポチ様の投稿です。
凶魔獣メイザーのようにもともとの特性が強すぎるようだと、新生配合で特性の入れ替えをしてないにもかかわらずマイナス特性(凶魔獣メイザーだとアンラッキー、強者の余裕)が付いてしまうようです。
もともとの特性が強いのなら、新生配合しない方が良い場合もあるかもしれません。