「狭間の闇の王」、「名もなき闇の王」

狭間の闇の王の情報

  • HP…8000程
  • 1ターン3回行動
  • 【使用する特技】
    ・ジバルンバ=次のターンに、全体に250前後のダメージ(ジバリア耐性)
    ・せいけんづき=2ターン消費で、単体に300前後のダメージ(体技)
    ・もうどく斬り=もうどく状態にする斬撃
    ・におう斬り=みがわりを使っている相手に、通常の2倍のダメージ(全体に斬撃)

攻略のポイント

狭間の闇の王攻略のポイントは、もうどくダメージ対策です。
毒耐性の高い仲間なら問題ありませんが、そうでなければ、
全体の毒を治癒できる「光のはどう」か「光の旋風」の特技を持つ仲間がいると楽になります。

ジバルンバは、だいまどうのコインなどで、せいけんづきや斬撃はスクルトで軽減できます。

守備力は高くないので、バイキルトからの攻撃で十分ダメージは与えられます。

名もなき闇の王の情報

  • HP…9000程
  • 1ターン3回行動
  • 【使用する特技】
  • ・修羅の獄=最大HPに50~100前後のダメージ(斬撃)
    ・獣王げきれつしょう=全体に250~300前後のダメージ(体技)
    ・グランドクロス=全体に200前後のダメージ(呪文)
    ・みなごろし=全体に700前後のダメージ(斬撃・会心の一撃)

攻略のポイント

通常攻撃の威力は狭間の闇の王より高くなっています。
斬撃と体技と呪文を使ってきますが、名もなき闇の王対策は、みなごろし対策になります。

使用頻度は高くないですが、全体に700前後のダメージと、一気に壊滅状態に陥る可能性もあります。
みがわりで、みなごろし以外の攻撃は無効化できますが、みなごろしで守備力1200のメタルで220程のダメージを受けます。

アタックカンタで、みなごろしは跳ね返すことができるので、
つねにアタックカンタ持ちで、スカウトQでも出題されるモンスター「大地の竜バウギア」を使ったり、
シャイニングなどから、新生配合で「つねにアタックカンタ持ちになったメタル系モンスター」 でみがわりを使わせたりすれば、意外とあっさり攻略できます。

また、みなごろしは斬撃系特技なので、特技「赤い霧」を使えば、場の全てのモンスターが斬撃を使えなくなるので、みなごろしを無効化できます。
その状態で、みがわりメタルに身代わりさせておくと、名もなき闇の王を無力化することもできます。